梅仕事2022

6月になりました。

間も無く一年の折り返し。

時間の流れの速さに気持ちが焦ってしまいますが、

梅仕事で一息つかせていただきました。

2回目の収穫は、鎌倉に住む友人と。

お砂糖どうする?

などと話しながら、

二人でいそいそと梅酒を仕込みました。

楽しい時間は共有してこそですね。

 

糖分がないと熟成しませんが、

さらりと辛口に仕上げたいのでお砂糖は控えめにしてみました。

 

こちらは、冷凍していた梅を蜂蜜と檸檬と合わせたもの。

冷凍梅(細胞が壊れている梅)を使ったレシピは、

直ぐに飲める様になるのが嬉しい。

檸檬は、とびしま農園さんのものを使わせていただきました。

 

 

同じ要領で、小瓶でも。

息子の梅シロップ。

小さな瓶は場所を取りませんし、色々な味もお試ししやすくて◎

きび砂糖はミネラル感が強くてさっぱりとした仕上がりに。

蜂蜜は、コクがあって深みのある味わいになりました。

 

 

 

6月中旬。

 

熟した梅は、梅干、ジャムに。

 

初めてお会いした時には、

失礼ながらお爺さんの様に見えた梅の古木でしたが、

可愛らしい薄紅色の花を咲かせ、大きな実を実らせ、

今では果実の香りを漂わせている。

まるでマジックでも見せてもらっているかの様。

 

 

この季節のこの瞬間しかないもの。

季節の恵みに感謝して、

元気に過ごしたいと思います。

 

続く..

 

 



コメントは受け付けていません。