ロマンチスト

個人的には、必要のない要素をつけ、飾り立てた飽食建築があまり好きではなく、

簡素で静かなものの中に美を感じるタイプなのですが、

根っからの合理主義、質実剛健派というわけでもありません。

寧ろその逆。ロマンチストです。

(誰も聞いてはいませんよね・・ごめんなさい・・汗)

 

建築はキレの良さも大切ですが、

もっと大切なものは、住む人の心地の良さです。

常に立戻らなければならない原点だと思っています。

 

あたりまえのことですが、つくることに夢中になっていてはそれが出来ませんから、

たまに引いてみる様にしています。

 

料理をつくる、眠る、洗濯をする、掃除をする、ご飯を食べる・・

その背景になるものをつくっていることを忘れずに、

お住まいになる方との対話を大切に、

 

ご入居後も、お住まいになるご家族が空間の演出を自由にアレンジして、

楽しんでいただける様にお手伝いをしたい。

こうしたらロマンチックなムードにも出来ますよ^^などと、

様々なシーンをお伝えするのもまた大切な仕事のひとつ。

住宅建築とはそうあるべきものだと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。