朝の時間

朝は、

棕櫚箒で床を掃き、

竹箒で庭を掃くことからはじめています。

 

夜の間に沈んだ埃を掃き、風で舞った落ち葉を掃く。

 

取るに足りないことですが、

「掃き出す」「払う」という行いそのものが、心まで清めてくれる様な感じがして、

なんだかとても気持ちが良いのです。

 

時間になったら切り上げてしまいますが、

忙しい毎日の中で、ちょっとした瞑想状態に入れる時間は貴重です。

職住一体なので、

暮らしと仕事をスイッチするために、無意識に儀式化していることが結構あるのかもしれません。

 



コメントは受け付けていません。